遺伝子検査ジェノマーカーで生活習慣病を予防
 
遺伝子検査ジェノマーカー
G&Gサイエンス株式会社
生活習慣病予防医学の最先端 ジェノマーカーとは? ジェノマーカー 4つの「?」 遺伝子検査 の方法 ジェノマーカー 検査項目 ジェノマーカー 取扱医療機関一覧 個人情報の取扱い 検査項目
母から子に受け継がれる、 遺伝子からの、やさしいメッセージ。 それが家族の笑顔を創る。 ジェノマーカー 4つの「?」
メタボリック が気になる方へ 美しさを 保ちたい方へ 働き盛りの あなたへ
肥満
メタボリックシンドローム
糖尿病
高血圧
慢性腎臓病
心筋梗塞
脳梗塞
脳出血
くも膜下出血
ミトコンドリアハプログループ
その他の検査

何故、遺伝子で生活習慣病のリスクが分かるの?

ヒトは60兆の細胞から出来ている

ヒトの遺伝情報は60兆個の細胞一つ一つに染色体という状態で存在しています。ヒトの染色体の46本は、父親と母親から半分ずつ受け継がれます。
染色体をほどくと糸状の構造のDNAになります。ヒトの遺伝情報はA(アデニン)・T(チミン)・G(グアニン)・C(シトシン)の4種類の塩基の組み合わせであり、ヒトゲノムは全部で30億塩基対のDNAで構成されています。
遺伝子多型の一つである一塩基多型は略してSNP(スニップ)といい、約500塩基に一個の割合で存在し、全ゲノム中には600万~1000万個あると推定されています。こうした多数のSNPの中の一部が病気のかかりやすさなどの個人差と関連していると考えられているのです。

例えば、病気になりやすい、なりにくいというのも、このSNPが関与していると言われています。

つまり、このSNPのタイプを調べる事で、生活習慣病のリスクが分かるのです。

ヒトの遺伝子

ヒトの遺伝子

SNP(スニップ)とは

SNPとは
  • ヒトでは600万~1,000万個存在する。
  • 遺伝子の異常ではなく、みんなが持っている。
  • 毛髪や肌の色、体型など人間の体質を決めている。

ページトップ