遺伝子検査ジェノマーカーで生活習慣病を予防
 
遺伝子検査ジェノマーカー
G&Gサイエンス株式会社
生活習慣病予防医学の最先端 ジェノマーカーとは? ジェノマーカー 4つの「?」 遺伝子検査 の方法 ジェノマーカー 検査項目 ジェノマーカー 取扱医療機関一覧 個人情報の取扱い 検査項目
母から子に受け継がれる、 遺伝子からの、やさしいメッセージ。 それが家族の笑顔を創る。 ジェノマーカー検査項目
メタボリック が気になる方へ 美しさを 保ちたい方へ 働き盛りの あなたへ
肥満
メタボリックシンドローム
糖尿病
高血圧
慢性腎臓病
心筋梗塞
脳梗塞
脳出血
くも膜下出血
ミトコンドリアハプログループ
その他の検査

メタボリックシンドローム【病気のなりたち】

発症のしくみ
メタボリックシンドロームとは、内臓の周囲に脂肪が蓄積する内臓脂肪型の肥満を持った人が、脂質代謝異常、高血圧、高血糖といった危険因子を2つ以上あわせ持った状態のことを指します。

初期には、日常生活にこれといった支障はなくても、この病態を放置しておくと、糖尿病、高血圧、脂質代謝異常といった病気がひどくなり、やがては糖尿病の合併症、心筋梗塞や脳梗塞など重篤な病気に進行していきます。
一つ一つの数値(中性脂肪・HDLコレステロール値・血圧値・血糖値)の異常は軽度でも、危険因子が複数重なることで、病気の発症リスクが高くなります。一つ一つの数値の異常が軽度であるため、つい軽視しがちであり、知らないうちに病気が進行するケースも少なくありません。最悪の場合、突然心筋梗塞の発作にみまわれることもあります。

内臓脂肪の蓄積を必須条件とし、3つのリスク項目の2つ以上に当てはまると、メタボリックシンドロームに該当します。
≪メタボリックシンドロームの診断基準≫
【必須項目】
 
ウエスト周囲径(おへその高さの腹囲)
男性85cm以上
女性90cm以上
【上記に加え以下のうち2項目以上】
 
1)脂質異常
 
中性脂肪150mg/dl以上、
 またはHDLコレステロール(善玉コレステロール)
 40mg/dl未満
  (あるいはその両方の場合)
 
2)高血圧
 
収縮期(最高)血圧130mmHg以上、
 または拡張期(最低)血圧85mmHg以上 
  (あるいはその両方の場合)
 
3)高血糖
 
空腹時血糖110mg/dl以上

平成16年国民健康・栄養調査の結果では予備群の基準を、腹囲が基準値以上で、血中脂質、血圧、血糖の3項目のうち数値異常が1項目あるものと定義しています。


なぜ、内蔵脂肪蓄積肥満が怖いのか?

肥満には、洋ナシ型といわれる下半身肥満とリンゴ型といわれる上半身肥満タイプがあります。洋ナシ型とは、下腹部や太もも、お尻に脂肪がつきやすい、ほとんどが皮下脂肪型肥満をいい、女性に多くみられます。リンゴ型とは、特にお腹まわりに脂肪がついている内臓脂肪型肥満を示します。腹囲が、男性で85cm以上、女性で90cm以上になると内臓脂肪面積が男女ともに100平方センチ以上あると推定され、健康上の危険領域に足を踏み込んだ状態と言えます。小腸などの内臓の周囲に蓄積された内臓脂肪が怖いのは、動脈硬化を抑制する作用があるアディポネクチンという物質の分泌を妨げることです。その結果、動脈硬化が進み、やがて、重篤な心血管疾患などを引き起こします。また、メタボリックシンドロームに喫煙習慣が加わると、病気の発症リスクがさらに高くなるので注意が必要です。


メタボリックシンドローム(内蔵脂肪症候群)の状況 ※20歳以上
メタボリックシンドローム(内蔵脂肪症候群)の状況 ※20歳以上
健康局総務課生活習慣病対策室「平成16年国民健康・栄養調査結果の概要」より引用

病気の予防とジェノマーカー

内臓脂肪を減らすためには、余分な脂肪を燃焼する必要があります。内臓脂肪は運動すれば、確実に燃焼します。蓄積した内臓脂肪は運動で少しずつ消費し、食べ過ぎたときは、その分のカロリーを溜め込まないように小まめに身体を動かすように心がけることが必要です。買い物や通勤時に一駅歩く、階段を使うなど日常生活のちょっとした工夫と努力が、内臓脂肪の解消に役立ちます。
また、脂肪分の多い食事や塩分の過剰摂取など、乱れた食生活はメタボリックシンドロームを悪化させます。バランスのとれた食生活をすることが必要です。

また、喫煙している方は、できるだけ早期に禁煙することも予防に繋がります。まだ、重篤な合併症が起きていない段階から、生活習慣の改善を心がけることが予防に大きく貢献するのです。ジェノマーカーの遺伝子検査により、メタボリックシンドロームになりやすい体質であることが早めに分かれば、早めに生活の見直しをすることができるため、非常に有益であると言えます。


ページトップ