遺伝子検査ジェノマーカーで生活習慣病を予防
 
遺伝子検査ジェノマーカー
G&Gサイエンス株式会社
生活習慣病予防医学の最先端 ジェノマーカーとは? ジェノマーカー 4つの「?」 遺伝子検査 の方法 ジェノマーカー 検査項目 ジェノマーカー 取扱医療機関一覧 個人情報の取扱い 検査項目
母から子に受け継がれる、 遺伝子からの、やさしいメッセージ。 それが家族の笑顔を創る。 「生活習慣病」を未然に防ぐ。 自分の体質を知ることが一番の近道です。
メタボリック が気になる方へ 美しさを 保ちたい方へ 働き盛りの あなたへ
肥満
メタボリックシンドローム
糖尿病
高血圧
慢性腎臓病
心筋梗塞
脳梗塞
脳出血
くも膜下出血
ミトコンドリアハプログループ
その他の検査

年代別遺伝子検査のすすめ【メタボリック シンドロームが気になる方へ】

メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)の状況

厚生労働省が発表した、『平成16年 国民健康・栄養調査結果の概要について』の中では、メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)が強く疑われる人と予備群と考えられる人を併せた割合は、男性では30歳代の約20%から40歳代で40%以上、女性では30歳代の約3%から40歳代で10%以上となり、男女とも40歳以上で特に高いことが分かっています。

さらに、40~74歳でみると、メタボリックシンドロームが強く疑われる人の割合は、男性25.7%、女性10.0%、予備群と考えられる人の割合は、男性26.0%、女性9.6%であり、40~74歳男性の2人に1人、女性の5人に1人が、メタボリックシンドロームが強く疑われる人又は予備群と考えられる人であることが分かりました。

生活習慣の状況について
メタボリックシンドロームの発症には、運動習慣も深く関わっています。

運動習慣のある人の割合が低いのは、男性20~50歳代、女性20~40歳代。

運動習慣のある人の割合は、20~50歳代男性、20~40歳代女性で低く、年次推移をみると、
単年では、ばらつきがあるものの、経年的な傾向としては男女とも比較的若い年齢層で低い
傾向が続いています。

これらは、働き盛りで、社会的に責任の重い年代ほど、運動習慣が無く、摂取した食べ物を燃焼しにくい状態であることが分かります。

【運動習慣のある者の割合(20歳以上)】

運動習慣のある者の割合(20歳以上)


病気の予防とジェノマーカー

メタボリックシンドロームが気になる年代の人は、運動・食生活・喫煙・飲酒などについて注意をしないと、メタボリックシンドロームのリスクが高まります。

自分の体質が、メタボリックシンドロームになりやすい体質なのか、そうでないのか、を早めに認識し、生活スタイルを改善することは、その予防に非常に有効であると言えます。

ページトップ